忍者ブログ
本の感想
犬はどこだ (ミステリ・フロンティア)
米澤 穂信
東京創元社
売り上げランキング: 182593

一見すると青春ミステリのようなのに、後味の悪さが興味深かった「ボトルネック」しか読んだことない米澤さん。
理由はシリーズ物の順番を把握してないから(笑)。
これはノンシリーズなので大丈夫。でも読後にシリーズ化希望。

都会でのサラリーマン生活を病気で断念した紺屋長一郎。
故郷に戻るとすぐに病状は安定、何か始めようと選んだ仕事はペット探偵業「紺屋S&R」。
開設早々先輩の紹介として仕事が舞い込むのは有り難いが、何故か人探しと古文書解読。
おまけに高校の後輩ハンペーが押し掛け探偵としてやってくる。
古文書解読をハンペーに任せ、紺屋は人探し、うまく分担して事務所が船出したように見えた。
しかし、この2件が微妙な繋がりを見せ始め…。

こうまとめてしまうと、少し年齢の上がった青春ミステリのよう。
しかしやはり米澤さんだ。
失踪女性桐子が何故失踪したのかその理由が見えてきた時、当初想像し得なかった裏が見えてくる。
退職、引越し、里帰りが思うところあってというよりも全て計算されてのこと。
それに気づいた紺屋は「依頼を達成させること」を最優先させる。
問題発生→退職→故郷、二人は似通った境遇。
依頼された以上のものが芽生えても不思議はなかったかも。

ちゃらちゃらしてそうだけれど意外と使えるハンペー、ネット捜査に協力してくれる紺屋のチャット仲間、口は悪いが兄を認めている紺屋の妹等まわりのキャラクターもいい感じ。
東京から桐子失踪事件のアドバイス(?)にきた探偵の間抜けぶりも見事。
シリーズ化されてもいいかもしれない。
でもあの町であんまり事件が頻発するのは不自然か。

今回、私の読書スピードの遅い理由がわかった気がする。
東京から来た探偵がハンペーを紺屋と間違えて桐子事件から手を引かせようと「この件、君では役不足だ。怪我をしないうちに、手を引いた方がいい」と言い出すシーン。
この「役不足」に引っ掛かって進めなくなってしまった。
この使い方だと「君はこの役には力が足りない」だけれど、本来は役が物足りない時に使う言葉。
あれ〜間違っちゃってるよ、誰も気づかなかったのかな〜とここでしばしグチグチ。
しかしもうちょっと読めば同ページ内でハンペーが用法が間違ってる、と指摘してる。
彼を使える!と思った瞬間だ(笑)。
意味のわからない言葉だって確実にあるくせに、たまたま自分が知ってることに出会うとこだわってしまう、困った本読みだ。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
どうやら
シリーズ化されるようですね。
長一郎は、次回作では多少体温の上がったキャラになるのでしょうか?
ところで、「役不足」の間違いに気付いたハンペー、僕もここで彼を見直しました(笑)。
ふくちゃん URL 2008/03/20(Thu)  00:12 編集
Re:どうやら
ハンペーが生き生きしてる分、長一郎がいつも引いてる人に見えますよね。
ハンペーの影響がなくてもかしら?
シリーズ化されたらとりあえずは犬を探させてあげたい気がします。
私も犬が登場する方が嬉しいし。
【2008/03/20(Thu)  10:18】
はじめまして
コメントとトラックバックありがとうございました。
ボトルネックほど強烈ではありませんが、なんとも読後感の悪い話でしたね。
それが気に入って続編も是非読後感の悪い話を、と望んでしまうのは少数派なんですかね(笑)
yanbal1915 URL 2008/09/26(Fri)  19:12 編集
Re:はじめまして
真相の苦さがこの本の魅力だと思うので私は大好きです。
ボトルネックにしてもその苦さを実にうまく染みるように伝えてくれるところがたまりません。
私も他の方に「少数派ですよ」と言われました。
でも見方が見つかって嬉しいです(笑)。
【2008/09/27(Fri)  12:00】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
犬はどこだ
 この人の“古典部シリーズ”と“小市民シリーズ”が、わりに好きだ。  で、『このミス2006』の第8位の『犬はどこだ』。買うしかないでしょ。 ・内容 開業にあたり調査事務所“紺屋S&R”が想定した業務内容は、ただ一種類。犬だ。犬捜しをするのだ。 ― それなのに..
URL 2008/03/20(Thu)00:12:29
犬はどこだ
ちょっと間を空けてみたりワンクッション置いてみたりしてしまいましたが、またどんどん米澤穂信氏の作品の感想を書いていきます。 今回感想...
URL 2008/09/26(Fri)19:13:03
「さよなら妖精」米澤穂信 HOME 「家日和」奥田英朗
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析