忍者ブログ
本の感想
裏切り (小学館文庫)
「裏切り (小学館文庫)」
 [文庫]
 著者:K・アルヴテーゲン
 出版:小学館
 発売日:2006-08-04
 価格:¥ 730
 by ええもん屋.com

夫ヘンリックの心が離れてしまったエーヴァ、昏睡状態の恋人アンナに常軌を逸した看護を続けるヨーナス、別々に進む物語が接点を持ったが故に恐ろしい破局へと向かう…というような紹介に心惹かれて読んでみた。
始まりの、決定的なすれ違いの描写を、最初はエーヴァ、その後にヘンリック、それぞれの視点から書かれていること、ヨーナスとエーヴァの出会いもそれぞれの視点から、というのが非常に興味深かった。
個々が何をどう見て感じているのか、その違いが人そのものという感じで好きなところ。
しかし、いかんせん鈍感すぎないか?エーヴァの仕掛けに気付かないヘンリックといい、それをしたことでどうなるかを想像しないエーヴァといい。
理解できない極めつけは、仕掛けたことの最悪の結末にふらふらと家を出たエーヴァがヨーナスの家について行くことだ。ついて行くのはまだいい。しかし何故風呂に入る?これはまったくわからん。だからこその結末なのかもしれないけれど。
エーヴァに自分以外の男の影を感じた途端に、エーヴァへの愛を思うヘンリックも私には薄っぺらいだけだったなあ。
私向きではなかった、ということなのだな。
「罰とか報いというものはない あるのは結果だけなのだ」という冒頭の言葉が全てなのかもしれない。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「OUT-AND-OUT」木内一裕 HOME 「愛しき者はすべて去りゆく」デニス・レヘイン
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析