忍者ブログ
本の感想
殺人作家同盟 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
「殺人作家同盟 (ハヤカワ・ノヴェルズ)」
 [単行本]
 著者:ピーター ラヴゼイ
 出版:早川書房
 発売日:2007-02
 価格:¥ 2,310
 by ええもん屋.com

出版社経営のエドガー・ブラッカーが作家サークルの会合に参加した後、放火で殺された。
彼は素人作家に出版の約束をもちかけては直前で現金を要求するという、詐欺まがいなことをしていたので恨まれて当然。
会合に参加したサークルの会長モーリスもその被害にあったばかり。
アリバイもないので警察に連れて行かれてしまう。
人徳のある彼を救おうと他のメンバーが事件を調べ始めると、第二、第三の犠牲者が。

初めて読んだピーター・ラヴゼイ。
ちょっと前までラゼヴィだと思っていたということからも縁遠さがわかるというもの。
ダイヤモンド警視シリーズが有名だがこれはノン・シリーズということをうなさんのところで知ったのでチャレンジ。
面白かったです。
彼の作品はコージーもの、と勝手に敷居を高くしていたので余計に楽しめた感じがする。
コージーものが何なのかわかっていないくせに思ったりする私はすごいな。

容疑者はサークル仲間の12人。
それが探偵となって探りを入れたり、これを機会に事件を作品と同時進行にして売り込もうと画策したり、と実にみなさん活動的。
連続殺人事件となったため、都会の警察からヘン・マリン警部がやって来て指揮を執る。
地元警察は当然おもしろくない。
警部をやり込めたいのか、サークルメンバーに捜査状況を教えちゃったりする。
ここらへん、今楽しく見ている海外ドラマ「The Closer」とかぶる部分も。
そんなことには負けない警部、気持ちよくみんなをこき使ってます。
終盤どんどん話がつながって真犯人へと転がっていく様子も実に楽しい。
当然素人探偵とかち合う。
それが一人じゃないのでコントみたいな展開に。
いや、ユーモアミステリというわけではないです、念のため。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「モンティ・パイソン正伝」 HOME 「本当はちがうんだ日記」穂村弘
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析