忍者ブログ
本の感想
残酷な夜 (扶桑社ミステリー)
「残酷な夜 (扶桑社ミステリー)」
 [文庫]
 著者:ジム トンプスン
 出版:扶桑社
 発売日:2007-05
 価格:¥ 840
 by ええもん屋.com

肺を病む小柄な青年カールが大学へ入るために田舎町にやって来た。
下宿先の主人は被告人として裁判を待つ身。
カールはこの主人を裁判に出られなくするために送り込まれてきたのだった。
その時へ向け、着々と準備を進めているはずだったが、思わぬ展開が待っていた…

トンプスンの何が好きって、素敵に下品で、主人公の首がどんどんしまっていく感じ。
普通の人が一歩踏み込んでしまったら抜け出せなくなっていく様子とか。
「残酷な夜」は普通の人ではなくて「伝説の殺し屋」。
その男がどうすぱっとターゲットを仕留めるか、とはならず、計画がほころんでついには…この闇がたまりません。
もうですね、主人公が常に汗かいてるイメージなんですよ。
緊張してるというか、もうその街が汗の街みたい。
今までに読んだトンプスンのどれにも言えるかも。
渇いた感じって、しないなあ。
心は渇ききってるけどね。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「夜中に犬に起こった奇妙な事件」マーク・ハッドン HOME 「現実入門」穂村弘
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析