忍者ブログ
本の感想

星座にまつわる謎を解明する6編からなる短編集。
ギリシャ神話をよく知らないので
「気楽に読んで愉しめる、そして後にはいっさい何も残さない、そんな娯楽奉仕に徹したミステリー集になっているとよいのですが」
という著者の言葉を信じて読みました。
表題になっている「六人の女王の問題」はチェスパズルを知らないので「ふ~ん」だけでしたが。そこまで手の込んだ予告を残した彼の人柄を表しているのだということか。
自分の生まれ星座の話は過剰な期待をして読んでしまったせいか(ちなみに獅子座)、お気に入りだったのは「ゼウスの息子たち」。
犯人と同じような勘違いをしていたので気分よく「なるほどそうか」、と思えました。そこまで両家の親が企んだ(願った、かな?)ことにそのまま乗っかってる兄弟姉妹に違和感はあるけど。
どれもパズルみたいにまとまっていくのが気持ちよく、著者の言葉を信じて大丈夫と思えましたよ。
私は著者のあとがきも大好きなので、この本はそこまで楽しめて満足。
続きの6編に早くお目にかかりたいな、と。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
あとがきを読むと、苦労が感じられますね。
でも、続編が待ち遠しくなるくらい面白く読めました。
血液型や星座占いは好きなので、私としては性格判断も交えて欲しかったのですが、ミステリで双子座ときたらそりゃ双子トリックですよね・・・。
獅子座でドラマティックなカクテキさんが羨ましいです・・・。
めみ URL 2008/03/12(Wed)  17:03 編集
Re:無題
あとがきって著者のエッセイですよね。
これがあると私は無条件で高得点になります。
ふだんは星座占いは信じず、茶化す材料にしかしていませんが、やはりこういう時に気にするという勝手な私です(笑)。
茶化す材料にするというのは、めみさんがおっしゃるように獅子座がドラマティックというか派手な太陽のような存在に思われているせいもあります。
だって私は正反対ですもの。
【2008/03/13(Wed)  09:45】
これは面白そう
ギリシア神話、全然詳しくありませんが、
小学生の頃に星座の本で読んでとても気に入っていたので是非コレは読んでみようと思います。
法月さんという名前、珍しいですけど知人にいるんです。
だからこれは本屋に行っても忘れないと思います。
↑メモを忘れていくことが多くて(;´∀`)
自分は魚座です。
魚座って、日本の4月始まりだと順番が最後なんですよね・・・
Amazonで見たらやっぱりこの本には入ってないようですが・・・読もうと思います。
nyatto 2008/03/13(Thu)  01:36 編集
Re:これは面白そう
ギリシャ神話は小説やドラマでもよくエピソードが使われていて、その度に「読んでみるか」と思うのですが、勉強嫌いは大人になってもなおらないようでいつもそのままです。
当然今回も思いましたよ「読んでみるかな」って(笑)。
神話エピソード部分にこだわらなければ、さらっと読めて気持ちがいいですので是非。
最近著者の意図とは別に泣きたくなるような本が続いたのでこういう本を待っていたところでしたので数割増しに高評価です。
実際に法月さんという方とお知り合いなのですね。それは忘れようとしても忘れられないですね。あとは本のタイトルだ!
>魚座
雑誌に続きは書かれているようなので「Ⅱ」の発売を待ちましょう。
【2008/03/13(Thu)  09:52】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「交換殺人には向かない夜」東川篤哉 HOME 「ルピナス探偵団の憂愁」津原泰水
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析