忍者ブログ
本の感想
新釈 走れメロス 他四篇
森見 登美彦
祥伝社
売り上げランキング: 14882

「山月記」「藪の中」「走れメロス」「桜の森の満開の下」「百物語」を現代京都の大学生の屁理屈な日々に置き換え、登美彦氏風の新解釈で書かれた小説集。
有名どころですが、私は後ろの二つは読んだことない。
元の文体によってあるものは力強く、あるものは静かに、とその表情も巧みに代わるが屁理屈大学生が変わらずに登場していることが素晴らしい。
最後の「百物語」で「森見君は~」と書き手が話しかけられているので本当は違うのだが、登場する大学生がどれも登美彦氏のようだ。
登場人物の集合体が登美彦氏なのかもしれない。
文字通りの疾走感と詭弁論部ならではの友情の形に「走れメロス」がお気に入りだが、そのまま「桜の森の満開の下」に入ると正反対の静けさの中に恐ろしさが際立ってくる。
「美女と竹林」はエッセイではなかった、あれも新釈エッセイなのだな、と新たな感想をもたせてくれたことも素晴らしい。

余談。
私は太宰治を読んで知った風に振舞うという、今考えると非常に小っ恥ずかしい高校生だった。
長期休みの読書感想文も指定もされていないのに太宰治(笑)。
タイムマシンがあったらあの時代に行って殴ってやりたい。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「凍える森」アンドレア・M・シェンケル HOME 福家警部補の挨拶がドラマに
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析