忍者ブログ
本の感想
四畳半神話大系
「四畳半神話大系」
 [単行本]
 著者:森見 登美彦
 出版:太田出版
 発売日:2004-12
 価格:¥ 1,764
 by ええもん屋.com

大学の二年間を無駄に過ごしてしまった男が、基本的には同じ状況で、サークルの選択が違っていたなら…という四話からなるパラレルワールド(?)。
何を選ぼうとも、唾棄すべき悪友は親友で、あの人はあの人だという着地点が待っているが、辿る道の険しさはそれぞれなので楽しいことこのうえない。
それなのにいくつかのキーポイントは繰り返され、それに出会うのもまた嬉しい。
この繰り返しがあるからこそ、第四章の孤独の果てに出会った着地点が効いているような気がする。
文体の妙もあって私はかなり満足。

先に読んだ「新釈 走れメロス 他四篇」の「走れメロス」に出てきた図書館警察がここにも登場。
結構好きなキングのアレから来てるんでしょうか。登美彦氏もお気に入りなのだと嬉しいな。
そういえば登美彦氏は最近、本当にかぐや姫を見つけられたそうで。おめでとうございます。

図書館警察―Four Past Midnight〈2〉 (文春文庫)
「図書館警察―Four Past Midnight〈2〉 (文春文庫)」
 [文庫]
 著者:スティーヴン キング
 出版:文藝春秋
 発売日:1999-08
 価格:¥ 960
 by ええもん屋.com
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
面白そう!
度々失礼します。(*^-^*)
こちらの本も面白そうですね。
今、日本テレビでリセットというドラマを放送していますが、もし選択が違っていたら…という話しは面白そうですね!
図書館で予約をしようとしたら、ありませんでした!早速リクエストをしようと思っています。
ろびん URL 2009/02/02(Mon)  08:08 編集
Re:面白そう!
今まで読んだ登美彦氏の中では一番好きです。
でもこれ、「しつこい、飽きがくる」と書いてる人がいてびっくりですよ。
そういう物語なのに…
「リセット」、そういうドラマなのですね。
つい日本ドラマはノーマークで。
わかっていても時間の関係で見られないと思いますが(笑)。
【2009/02/02(Mon)  11:10】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「心霊特捜」今野敏 HOME 「アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない」町山智浩
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析