忍者ブログ
本の感想

1976年4月の創刊から、季刊や隔月を経て月刊誌となり先月号で300号を迎えた本の雑誌。
先月号では特別記念特集はなく、今月の301号で記念特大号となりました。
1976年からということはもう32年の歴史ある雑誌なのですね。
自分はいつから購入し始めたのだろうかとページをめくってみる。
あ、「三百号で紹介した三百冊」という特集が年表のような役割になっているのでそれで調べてみたってことです。
押し込んであるのを引っ張り出せば正確な時期がわかるのでしょうが、今そんな気力はありませんので(笑)。
月刊誌になっていたのは間違いない、本をよく読むようになったのは大学時代(遅っ!)ということから…なるほど…だいたいわかりました。
年齢が判るのであえて書きません。自分でわかればいいのです。

特集の各号一冊の紹介に出てくる書評した人の名前、坂東齢人とは懐かしい。
しょっちゅう犬の話を書いてたなあとしみじみ。
今もほとんど毎日犬のことを書いていらっしゃいますけどね(笑)。

上にも書いたように読書歴が浅く、いわゆる古典とか学生時代に出会っておくべき本を素通りしてきたので本の世界を開拓することが苦手な私に多方面から本の魅力を教えてくれた「本の雑誌」。
小説ならともかく、宮田珠己さんなど「本の雑誌」を読んでなければ出会えなかったと思う。
これからもオールラウンドなガイド誌として頼りにしていきます。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「スーパーマーケットマニア ヨーロッパ編」森井ユカ HOME 「赤朽葉家の伝説」桜庭一樹
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析