忍者ブログ
本の感想
HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40)
小路 幸也
東京創元社
売り上げランキング: 335410

NY市警失踪人課のワットマンの元へ少女を捜す少年が現れる。またワットマンと知り合いの巡矢もあるきっかけからNYで別の少女の行方を追いかける。それぞれがたどり着いた先に待っていたものはあまりにも哀しすぎる現実。

話的につながっているわけではないが「HEARTBEAT」を読んでいないと巡矢の気の回し方やワットマンがどうして巡矢に連絡を取らないのかを鬱陶しく感じるかも。読んだ私も詳細忘れてるし。びっくりしたのは感想を読み返そうとしたら存在していなかったということだ(笑)。確実に読んでるんですけどね、どうしたんでしょ。
二つの方向から探っていたことが同じところにたどり着き、先に知ってしまった方が守りたい人を守るためにつく大きな嘘。巡矢ならそうするだろう。でも、その手段には嫌悪感。ベースにあった事件がそういうものだから仕方ないかもしれないけれど、ちょっと違うんじゃないかな。怒りを表しながらもそれを利用するってところは私にはだめだったな。しかも間違ってたし。疑いはかけられたものの真の悪人なんて一人も出てこない、そんな世界だからこそワットマン父の間違ってしまった愛情が哀しすぎる。だって、レベッカでも繰り返してしまったということでしょ。

海外ドラマ好きとしてはNY市警のミッドナイトブルーの制服に「サード・ウォッチ」を重ねずにはいられないし、NYで失踪人というのも「WAT」が浮かんでくる。「WAT」はFBIのNY支局だけど。

追記
読んだのに書いてないというのが不思議だったけれど、ありましたよ。探し方が悪かっただけでした(笑)。相変わらずの粗忽ものです。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
これ、面白そうですね。↓にも面白そうなのがいっぱいです。

読んだらまたお邪魔しますね。
あしか URL 2008/01/05(Sat)  12:14 編集
Re:無題
あしかさん、こんにちは。
面白いには面白いのですけど、テーマのせいか嫌な感じが残ります。
前作から読まれた方がすんなり入っていけるかと思います。
【2008/01/06(Sat)  10:05】
あけましておめでとうございます
カクテキさん、今年もよろしくお願いします☆
巡矢たちの行為は、たとえ(真相が)正解だったとしても許せませんが、間違っていたことでさらに嫌悪感が増しますね。
巡矢は「目的のためなら手段を選ばない」というイメージがあるので、こういう発想自体はアリだと思うのですよ。
ただ、周りに誰も止める人がいないということが理解できなくて。
(製作中も何だか楽しそうだし・・・。)
このあたりで小路さんに不信感を持ってしまい、読後も釈然としないままでした。
やっぱり、こういう生々しいテーマは苦手かもしれません。
『HEARTBEAT』は、ラストでとても感動したのですが・・・。
めみ URL 2008/01/05(Sat)  15:42 編集
Re:あけましておめでとうございます
めみさん、こんにちは。今年もたくさん記事を読ませて下さいね。
>周りに誰も止める人がいない
そうですよ、気になるのはそこですよね。
いわゆるいい人がよくないことをいいと信じて強行しているのが何だかなあ…ですよね。
人はあんなに魅力的なのにどうして一番デリケートな部分がこうなのかな?と感じます。

【2008/01/06(Sat)  10:08】
TB&コメントありがとうございました。
こちらこそ無言TBしてしまって失礼しました。
あらためまして、どうぞよろしくお願いいたします。

わたしもカクテキさんと同じく前作を忘れていまして。
感想は残してあったものの、見事にあらすじは何も書いておらず役にたたなかったという…他の読書ブログさんにお世話になりました。

上でめみさんの言われていることに同意します。
前作の方がよかった気がします~~というか続きいらない気がしたんですけれど。
最後になんらかの形で決着をつけたいのかもしれませんが、無粋なように思います。うーむ。
まみみ URL 2008/01/05(Sat)  17:54 編集
Re:TB&コメントありがとうございました。
まみみさん、こんにちは。
先日は本当に失礼しました。自分のブログもまだ引っ越したばかりであたふたしているのにお初のところでさらに慌てるという失態でした。
それなのにおいでいただけて嬉しいです。
私も前作の感想を読んでも細部は思い出せず…でした。内容が内容なのであえて書いてないのかな?とそれさえも定かではありません。
>続きいらない気がしたんですけれど
どこかで「3部作」だと読んだ覚えがあります。出版されたら読んじゃうんだろうな…。
【2008/01/06(Sat)  10:15】
はじめまして
当ブログにコメント&TBをくださって、ありがとうございました。

今回は、テーマ自体もしんどかったですが、真相解明の部分もショックでしたね。

記事を拝読していて、前作の記事のことで最初はちょっとびっくりしたのですが、見つかって良かったですね。
のぽねこ URL 2008/01/05(Sat)  20:27 編集
Re:はじめまして
のぽねこさん、こんにちは。
こちらにもおいでいただきありがとうございます。
すっきりしないのはテーマのせい、いいはずの人がよくないことに夢中になっても止めてくれる人がいないのなら結局いい人ではないのかも、と思い始めてしまいました。
前作の記事の心配までしていただいて…(苦笑)。
ブログを引っ越してまだ日が浅いのでよく勝手がわかってないんですよ、と言い訳しておきます。
【2008/01/06(Sat)  10:18】
無題
面白そうだな・・・。
でも、今月は結婚式もあるので、ハードカバーには手が出ないです~。
余裕のある時に、2冊まとめて一気読みします!
URL 2008/01/07(Mon)  13:17 編集
Re:無題
笹さん、こんにちは。
細かいことですが、ミステリフロンティアなのでソフトカバーですよ(笑)。でも高いことには変わりないですね。ふだん、購入して読む派なのですね。私は図書館派です。好きでしょうがない作家さんのものとか、読んだ後でも気に入ったものなら買いますよ。
この本は面白いことは面白いですが、好き嫌いははっきりしそうです。
【2008/01/09(Mon)  10:10】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「HEARTBLUE」 小路幸也
HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40)小路 幸也 東京創元社 2007-12売り上げランキング : 9667Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 NYの失踪人課の男を少年が訪ねてきた。1年程前から変だったという彼の捜す少女は、なぜ姿を消したのか? 映像クリエイターの青年も加わり、探り出した哀しい真実とは。強く生きようとする者たちの、逞しくも切ない物語。
URL 2008/01/05(Sat)14:31:39
小路幸也『HEARTBLUE』
小路幸也『HEARTBLUE』〜東京創元社、2007年〜 小路幸也さんの長編『HEARTBEAT』(感想はこちら)の続編です。前回の探偵役(?)、巡矢さんが、今回も活躍します。 では、内容紹介と感想を。ーーー ニューヨーク市警察失踪人課の私―ダニエル・ワットマンのもとに、一...
URL 2008/01/05(Sat)20:17:35
HEARTBLUE 小路幸也
ブックデザインは岩郷重力+WONDER WARKZ。東京創元社ミステリ・フロンティア。 一方の語り手、ダニエル・ワットマンはニューヨーク市警察失踪人課勤務。サミュエル・マイヤー(サム)が捜査依頼し、後日遺体で見つかったペ
URL 2008/01/06(Sun)17:14:41
「図説 世界三面記事全書」マルタン・モネスティエ HOME 遅くなりましたが
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析