忍者ブログ
本の感想
HEARTBEAT (ミステリ・フロンティア)
「HEARTBEAT (ミステリ・フロンティア)」
 [単行本]
 著者:小路 幸也
 出版:東京創元社
 発売日:2005-04-25
 価格:¥ 1,575
 by ええもん屋.com

10年後の約束の日に委員長はNYから戻ってきた。
しかし約束の相手ヤオは現れず夫と名乗る人物が彼女の失踪を告げる。
ヤオを捜そうと決めた委員長は高校時代の同級生巡矢を頼る。

青春の軌跡をたどる物語かと思ったがそればかりでない。
委員長が帰国の際の搭乗手続きを教授にしてもらっているのが気になったので身体的に何かを抱えての帰国かと想像した。
しかし帰国後の様子からするとそんなことはなさそう。
なのですっかり冒頭で気になったことは忘れていた。
このことがタイトルと重なってキーだった。
ずるいかもしれないが、委員長の約束への想いの深さのあらわれなんだな、と。
NYでの日々がこの約束をより重要なものにしているわけで。
こっちの話とそっちの話がつながっていたというのは偶然度が高い気もするが、主要人物たちの生まれ育った街だからありえないことでもないか。
委員長の、心がつながってしまった人のことは放っておけないところが海外ドラマ「プリズン・ブレイク」のマイケルと通じるかも。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「現実入門」穂村弘 HOME 「国マニア」吉田一郎
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析