忍者ブログ
本の感想
ジョーカー・ゲーム
「ジョーカー・ゲーム」
 [単行本]
 著者:柳 広司
 出版:角川グループパブリッシング
 発売日:2008-08-29
 価格:¥ 1,575
 by ええもん屋.com

話題になっていた時は特に関心もたなかったけれど、BURN NOTICEやMI-5を見て、「日本のスパイとは…?」と考えたこともあって読んでみた。
ああ、面白かった!
始めは、当時の強い天皇崇拝の日本軍と、そこの一部隊でありながら異質な考えのもとに作られたD機関(というか結城中佐)とのぶつかり合いを想像した。
しかし、話し自体はどちらかというと、スパイ主人公のミステリで読みやすい。
主人公であるスパイの訓練、心構え、手口にもなるほどね、と思いながら読めるし。
印象的だったのは「幽霊(ゴースト)」に登場するグラハム氏の「スパイ活動は汚い仕事である。だから紳士にしかそれを行うことができない」という言葉。
MI-5のえげつなさは、まさにそれ。
諜報部員でありながらふつうの生活をも望むトムは、スパイに向いてなかったのかな?と思える。
だからあんなことに…(泣)。
というわけで、MI-5好きの人にもオススメなのでした。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
モラタメしてました HOME 「東京お侍ランド①」ほりのぶゆき
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析