忍者ブログ
本の感想
犯罪小説家
「犯罪小説家」
 [単行本]
 著者:雫井 脩介
 出版:双葉社
 発売日:2008-10
 価格:¥ 1,575
 by ええもん屋.com

作家待居の「凍て鶴」が賞を受賞し、映画化の話が持ち上がる。監督として近づいてきたのは人気脚本家の小野川。小野川は、このヒロインは実在した自殺系サイト運営者の自殺を連想させる、彼女の死の解明が映画のラストに必要だ、との独自の解釈で待居を困惑させる。小野川は自殺系サイトを取材したライター今泉をも巻き込み、待居の周辺に踏み込んでくる。

誰の視点から見ていいものやら。
多視点から語られるのかと思えばそうでもなく、交互形式かと思えばそれもまた違い、とらえどころがないのがまた不安を煽る。
自分の世界で脚本を挙げてくる小野川に「火の粉」で感じたような偏執的な恐ろしさを感じたが、小野川のものは本当にこだわりであった。それはそれでまた恐いが。
自殺系サイト「落花の会」幹部を探る今泉のパートは、彼女の気持ちの揺れも含めておもしろかったが読み終えて「どうだろう?」という気がする。
きっと小野川の登場が私に「火の粉」を連想させ、「犯罪小説家」という本がたどって欲しい道を踏み外してしまったのかもしれない。
それだけ「火の粉」が私には衝撃的だったということなのかな。
クライマックス部分で心が重なった二人の狂気にはぞっとさせられたので面白くなかったというわけではないのはおわかりいただけるでしょうか。

火の粉 (幻冬舎文庫)
「火の粉 (幻冬舎文庫)」
 [文庫]
 著者:雫井 脩介
 出版:幻冬舎
 発売日:2004-08
 価格:¥ 800
 by ええもん屋.com

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんわ。
これ、面白かったですね。
オノミツさんの狂気には振り回されました。狂言回しのようなキャラを色濃く書かれたところに、この作品の迫力が生まれたような気がします。
雫井作品はこういうサイコっぽい物の方が好きです。裁判員制度も始まって「火の粉」も読み返したくなりました。
ia. URL 2009/08/04(Tue)  01:21 編集
Re:ia.さん
>オノミツさんの狂気
これが主役なのかな?とさえ思いました。
というか、「火の粉」の犯人のイメージと重なりませんでした?
端からそう思ってしまったのでちょっぴり肩透かしといえばそうなのですけど。
そうやってオノミツを想像して読ませるというところがすごいのだなあとも思います。
【2009/08/06(Tue)  11:37】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
犯罪小説家
著者:雫井 脩介 出版社:双葉社 感想: 社会派ながら斬新な切り口で楽しませてくださる雫井さんの新作。 今回は新進作家が、鬼才と呼ばれる脚本家に振り回され、過去の自殺系サイト事件に巻き込まれていく、という心理サスペンスです。 「火の粉」に似たサイコホラー...
URL 2009/08/04(Tue)01:11:39
prints 21 2009年秋号 特集・安野モヨコ HOME バウリンガルボイス!
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析