忍者ブログ
本の感想
刑事の墓場
「刑事の墓場」
 [単行本]
 著者:首藤 瓜於
 出版:講談社
 発売日:2006-04-18
 by ええもん屋.com

警察官から「刑事の墓場」と呼ばれる動坂署が舞台。
不祥事を起こしたものの表立った処分をすると、
それを手繰って上層部の責任問題まで追及されそうな、
そんな警官を動坂署に転任させる。
そこで仕事らしい仕事も与えられず、飼い殺しの状態にされる。
動坂署自体が窓際。はみ出しものの集まり。
こんなところに送り込まれたやる気のない集団かと思いきや、
初の捜査本部が置かれる事になってから生き生きと動き出す。
捜査本部が置かれた目的は動坂署を無くすことだと知り、
彼らは必死で署の存続のために事件の捜査をするのであった。
彼らが必死で守りたい動坂署に隠された真実とは…?

こんなお話。
ミステリとすると弱いし、警察小説としても弱いです。
でも、この設定がとても魅力的なのでOKです。
あれ、こんなこと前にも書いた覚えがあるぞ(笑)
動坂署に赴任したほうがよさそうな刑事もいるので
シリーズにならないかな、と期待しちゃいます。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「145gの孤独」伊岡瞬 HOME 「テースト・オブ・苦虫2」町田康
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析