忍者ブログ
本の感想
五月女ケイ子の乙女のテレビ時間
「五月女ケイ子の乙女のテレビ時間」
 [単行本(ソフトカバー)]
 著者:五月女ケイ子
 出版:メディアファクトリー
 発売日:2009-04-22
 価格:¥ 1,000
 by ええもん屋.com

時計代わりに朝夕流している程度で、あまり地上波放送に注目していないのですが、五月女さんのイラストと着眼点は好き。
なので十分楽しめました。
五月女さんのイラストは、どんなハンサムさんや美人さんにも、何やらよくないものが宿ってしまったような感じなので、そういう意味でも楽しい(笑)。
テレビ番組そのもののことというよりは、見て感じた(膨らませた)ものだから楽しいのかな。
特筆したいのは、深夜ドラマ「打撃天使ルリ」でピーターこと池畑慎之助さんが男性刑事を熱演しているという紹介イラスト。
この線が、しりあがり寿さんっぽくて、ピーターさんだけでなく五月女さんの新境地(?)も見たような気がする(笑)。
第3章の「懐かしテレビ」は、時代のせいか、イラストと内容が妙な適合性を感じさせ見たくさせる。特に「警視庁殺人課」(笑)。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
10月のまとめ HOME 朝にも夜にも食べたい
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析