忍者ブログ
本の感想
のはなしに
「のはなしに」
 [単行本]
 著者:伊集院 光
 出版:宝島社
 発売日:2009-10-01
 価格:¥ 1,260
 by ええもん屋.com

前作「のはなし」から2年。
伊集院さんファンならこの間に出版社から怒られたとか、マネージャーが泣いていたとか、そういう想いの上にようやく出来上がった本だということで感慨深いはず。
聞いた事のある話も多いけれど、活字で読むとまた違った面白さが伝わってくるので楽しい。
中でも、子ども時代の話が好き。
今思うと、本当に厄介な子なんだけれど、そういう厄介な心が今の伊集院さんの源だとしみじみ感じられるから。
でもそうともばかり言っていられないことが…。
私は常々、「伊集院さんの厄介なところが好き」と言っていたのだが、ある日姉が「そうだよね、あんたと似ているものね」と返してきた。
…似てたのか?厄介加減が?
喜ぶべきなのか、悲しむべきなのか、今たいへんに複雑です(笑)。

希望としては、
「のはなし」の時にも書いたけれど、原文を書いた年月日の記述が欲しい。
かなり手を加えているとのことなので、意味がないのかもしれませんが、それを思いついたのがいつ頃だったのかがわかるとまた楽しいと思うのだけどなあ。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「インドなんてもう絶対に行くか!!なますてっ!」さくら剛  HOME 「ニッポン「もの物語」 なぜ回転寿司は右からやってくるのか」夏目幸明
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析