忍者ブログ
本の感想

蒼林堂古書店へようこそ (徳間文庫)
「蒼林堂古書店へようこそ (徳間文庫)」
 [文庫]
 著者:乾 くるみ
 出版:徳間書店
 発売日:2010-05-07
 価格:¥ 660
 by ええもん屋.com

書評も手掛ける林雅賀店長と、彼を取り巻く日曜日の常連たちによる日常の謎解き連作短編集。
導入部にあまり変化がなく、退屈だと思いかけると新たな顔が登場したり、全編通しての優しい雰囲気は最終章のためだったのか、と大きな驚きではないものの、静かな流れなりの起伏は好き。
林雅賀の推理に無理がないとは言い切れないのもお楽しみの一つかな?
各章の後ろには、「林雅賀のミステリ案内」としてその回のテーマに関する本の紹介つき。
いつまでたってもミステリ初心者にはうれしい企画。
ところで、店主の林雅賀と「林真紅郎と五つの謎」の主人公が兄弟だという噂を聞きましたが。
言われてみれば傾向が似ているような気もする(=よくわかってない・笑)。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「海外とほほ旅行」  酒井ひかり HOME 「家族の勝手でしょ! 写真274枚で見る食卓の喜劇」 岩村暢子
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析