忍者ブログ
本の感想
プロムナード
「プロムナード」
 [単行本]
 著者:道尾秀介
 出版:ポプラ社
 発売日:2010-05-28
 価格:¥ 1,365
 by ええもん屋.com

初エッセイだとか。
熱心な読者ではないが、以前聞いたエピソードがたいへん気に入っているので手を出してみた。
そのエピソードとは、雑誌のインタビューで「作家のお友だちは?」と聞かれ、道尾さんは「米澤穂信さん、桜庭一樹さん」と挙げたが、同じ雑誌で米澤さんのところを見たら「いない」と書かれていた、それを見つけた桜庭さんがわざわざ道尾さんに連絡してきたという(笑)。
このエピソード+エッセイで、弾けているのは桜庭さんで道尾さんは普通の人だとわかりました。

度肝を抜かれたのは真ん中にある特別収録の、「緑色のうさぎの話」。
17歳の時に描いた絵本だというが、そのタイトルの字体といい、テーマといい、「何があったんだ?」と当時の彼の肩を揺すりたくなる。
緑色のうさぎさんがそっと花を供える絵は逆にこっちが揺さぶられましたけど。
読み進むと、金髪、長髪、破れたジーンズ、腕に文字が彫ってあり、耳には安全ピンという風貌で、好きな女の子に手作りの押し花栞をプレゼントするという16歳の少年だったことがわかる。
絵本を描くまでの一年間に一体何があったのだ、道尾くん!とやっぱり肩を揺さぶりたくなった。
手作りの押し花というところにヒントが隠されているのかもしれない。
というわけで、ぶっとんだ面白エッセイとは違った意味で印象的な本でした。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
道尾さんのエッセイ
「プロムナード」を読みました。 著書は 道尾 秀介 「球体の蛇」や「カラスの親指」の 道尾さん 初のエッセイです これが 面白い クスッと笑える そんな感じ 作家さんだけあって 1つ1つの話が良く出来ていて また、作家としての考えもわかり なるほどなぁと 17歳...
URL 2011/01/23(Sun)12:06:49
「犬部! 北里大学獣医学部」 片野ゆか HOME 「東京お侍ランド②」 ほりのぶゆき
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析